toggle
日本から発信、新しいアロマテラピーが学べるサロン
2014-09-09

ベビーケアへの不安をお持ちの方へ

先日、びっくりするニュースがありました。

ベビーマッサージで赤ちゃんが亡くなるというニュースです。

けれども、よくよく聞いてみると、image

ベビーマッサージが原因というわけではなく、

この女性の間違ったとらえ方や、

危険な手技、法律に抵触していることが原因だと思われます。

 

私のホームページでは

「ベビーケア(ベビーマッサージ)」と表記しています。

これは、

「マッサージ」という言葉が

とらえ方によっては法律に抵触するということからです。

ベビーマッサージという単語は、世の中に浸透していて、

そこに違和感を感じる人は少ないですが、

ベビーマッサージの「マッサージ」は、

治療を意味するものではありません。

あくまで、

コミュニケーションやリラクゼーションの類。

そういう意味で、

ベビーマッサージという言葉はわかりやすいかもしれませんが

じつは誤解を招くこともあるのです。

 

ケアセラピーとしてのベビーマッサージは、

通常、どの教室に行かれても、

講師は人形を使用して、

「ママにやり方を指導する」というスタイルです。

このニュースの方のように、

直接施術をすることはありませんし、

ましてや、

首をひねるなどの危険な手技をすることは

考えられません。

 

このニュースをご覧になり、

ママのコミュニケーションの場でもある

お近くのベビーマッサージ教室への

不安が募ったりすることは

とても残念です。

 

ケアセラピーとしての

ベビーマッサージは、

ママと赤ちゃんのコミュニケーションであったり、

楽しい時間を共有し、

ふれあうことで信頼関係を築くことが目的です。

 

どうぞ、楽しみにお越しくださいね。

 

関連記事