toggle
日本から発信、新しいアロマテラピーが学べるサロン
2015-04-30

子どもには怪我がつきもの

今週末からはいよいよ大型連休ですね。

長野市内は善光寺の御開帳で盛り上がっています。

戸隠でも、式年祭というお祭りが開催予定ですよ。d7abd9c8f4d100574ad9348b390a6d9a_s

我が家は息子の部活の予定次第な連休になりそうです・・。

 

さて、お子様とのアウトドアでのレジャーも

楽しみな時期ですよね!

動き盛りの子どもたちには、

怪我も付き物です。

しかも、連休中って

病院も連休だったりです・・。

 

お子様でも使用できる精油の中でも、

ゼラニウムには止血作用があります。

ぶつかったりして鼻血がでちゃったときや、

傷口から出血しているときなどに、使用することで、

血管を引き締める収斂作用が活躍してくれます。

精油が直接触れると刺激を感じますので、

ティッシュに1滴垂らし、ついてない面が肌に触れるように

鼻に詰めるとよいですよ。

 

また、ラベンダー・アングスティフォリアは、

瘢痕形成作用があり、かさぶたを作る助けになってくれます。

鎮痛作用も期待できるので、痛みにも適しています。

 

怪我をしちゃって気分も落ち込んでしまったり・・

という時には、オレンジスイートローズウッド

あかるい気持ちにしてくれます。

お家に帰ってからや、帰りの車の中などで

芳香させるといいですよ♪

 

※お子様や妊娠中の場合は、精油に含まれる成分によっては
使用量に注意が必要だったり、使用を避けた方がよいものもあります。

※アロマテラピーは薬や医療ではありません。
精油の使用は自己責任でお願いします。

 

 

 

関連記事