toggle
日本から発信、新しいアロマテラピーが学べるサロン
2019-02-10

感覚を磨くワンデートリップ

年明け最初の、出張。
出張というよりも
ワクワクするワンデートリップ♪

 

当スクールは
AEAJ認定スクールなのですが
そのAEAJ(日本アロマ環境協会)の
会員のつどい アロマフェスタ2019
へ行ってまいりました。

 

実は、今まであまり行ったことがなかった笑。

 

今回、インフル猛威といわれる中
受験生がいるし、どうしようかな~と
ぎりぎりまで悩んでましたが
どうしても行きたい理由が。。。

 

それは
「パフューマリーオルガン」

パフューマリーオルガンとは・・

19世紀、
イギリス人化学者が
音階と香りを合わせた「香階」というものを
提唱されました。

その考えをもとに
オルガンの鍵盤をおすことで、

それぞれの音階に対応したボトルに
空気が送り込まれ

香りと音を奏でるという仕組みの
香楽器です。

この五感に働きかける芸術を
実際に体験できる!!
という興奮。

こーんな間近で
オルガンを観ることができ
実際に鍵盤にさわって
ボトルからの香りと音が奏でられるのも
体験できました♪

 

オルガン奏者の方は
AEAJのセラピストの方だそうで、

ボトルからのなんとも優しい音色と
ほんのり届く香りに

心地よい時間。

 

 

一緒に行った
アロマ友達のAちゃんと

演奏する曲によって
多く登場する音のボトルは

揮発が早いのでは??
だとしたら
香料の水位が低くなってしまうので
調律がこまめに必要??

などなど笑
話しながらの
楽しい時間でした♪♪

嗅覚は
もっとも生死にかかわる感覚
であるはずなのに

なんだか
おろそかに
扱われているような気がしています。

そして
香りを感じるのは
特別なことでもあり、
日常的あたりまえに存在するものでもあります。

 

お茶を飲むとき、
みかんの皮をむくとき、
パンが焼けたとき
干したての布団に入ったとき

そんないろんな日常の場面で

嗅覚を意識してみる。

 

そして、今回の
パフューマリーオルガンのように

ちょっと贅沢な時間を
香りが演出してくれる。

 

目には見えないけれど
時には日常
時には非日常

そんな
いろんな角度から
アロマテラピーの面白さを
伝えていきたいと思います!

 

★3/8(金)
ココロ・カラダ・トトノウ
メイクレッスン★
サロンシュクルさんにて
自分を整えるをテーマに
メイクを楽しむレッスンです

 

★2/24・3/3(日コース)
3/23・24(土日コース)
嗅覚反応分析士基礎講座★
香りの好みから心身を分析する
IMチェックを使えるようになる講座です

 

★精油を贅沢に使って
香りを作る★
自分だけのブレンドを作るレッスンは
随時受付可能です

 

その他、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせはこちら
メニューはこちら

スケジュールはこちら

関連記事