toggle
香りで、あなたがわかる「嗅覚反応分析」を体験・学習できるアロマバンビーノ
2014-10-26

アロマ以外の風邪対策、出動

窓全開で、半袖で就寝していた息子・・・。

部活の大会で応援に精を出し、喉を痛め、

さきほどから、喉も頭もイタイ・・・んだって~(TT)

 

中学生男子は、扱いが難しく、image

 

意外なところでアロマを活用したがる一方、

ちょっと具合が悪い~っていうときは、いろいろやらせてくれません・・。

特に、クレイとか、アロマのオイルを塗布とかは、難題。

 

ということで、

今日は、アロマ以外(?笑)の対策を施しています。

 

オレガノカプセル(←アロマです笑)

こちらは、もう、家庭に1箱お勧めな、アイテムです。アロマ以外と言いましたが、
これは、バリバリ、精油です(笑)
初期症状のときは、ほとんどこれで乗り切っています♪
カプセルの中に入っているオレガノ精油。

精油の飲用は素人には危険ですし、私も自分でカプセルつくるほどではありません。
こちらは、食用として販売されている物なので、お手軽です。

天然の抗生物質と呼ばれているオレガノ。

それから、写真左側はマヌカハニー(はちみつ)です。

抗菌作用にすぐれ、一般的なはちみつよりお値段も結構高めなのですが、
そのまま舐めるだけでも、のどの痛みが緩和されます。

声が出にくいとか、喉が痛いときに、なめると、楽になりますよ♪

※マヌカ(Leptuspermum scoparium)は通称ティートリーとも呼ばれているそうですが、
精油のティートリー(Melaleuca alternifolia)とは別の植物ということです。
また、マヌカは、ティートリーやユーカリなどと同じ、フトモモ科の植物です。

 

というわけで、
喉の痛みや、風邪、咳などの症状に
いろんな対処法を知っておくと、
選択できて活用しやすいですよ。

もちろん、サードメディスン・チェックで内臓の状態も確かめて、
食事や生活面の確認も可能です。
が、香りを嗅ぐのも嫌!っていうときは、
しっかり睡眠をとって体を休めることが先決です。

関連記事