toggle
香りで、あなたがわかる「嗅覚反応分析」を体験・学習できるアロマバンビーノ
2021-04-24

マスクに使うおすすめアロマ

この1年で、お出かけの時には靴を履くのと同じくらい、マスクをつけるのが常識になりましたね。

マスク生活の中での、工夫として「アロマ」を使用することもありますね。

マスクにアロマを使うときの方法

マスク用スプレーを手作りしたり、市販されているものもあります。使用のポイントは、マスクをつける前に、マスクの外側になる面にスプレーすること!内側だと肌に触れてしまいますし、マスクを付けたままだと目に入ったり皮膚についたりするので、必ず外して行いましょう。

他には、マスク用のアロマシールもありますね。こちらは、精油をシールに垂らして貼ればいいのですが、精油をつけすぎないことがポイント。1滴だとむしろ多いくらい!

精油は、植物の香りの成分をぎゅーっと濃縮させた物なので、ほんの爪楊枝の先程度でも十分香りがします。特に、マスクということで、鼻の近くに随時あるわけですから、多すぎると気分が悪くなっちゃうこともありますよ。

ほんのりとマスク全体に香りをつける方法としては、コットンやティッシュに精油を1滴垂らし、マスク数枚と一緒にジプロックなどの袋に入れて数時間放置。すると、一緒に入れておいたマスクに、ほんのりと香りがつきます。強すぎず、ほんのり香るマスクの完成。

マスクにおすすめのアロマ

マスクをつけている間中、香りがするので、あまりに甘ったるい香りだと途中でマスクを外したくなるかもしれませんね笑。

どちらかというと、すっきりしたアロマがおすすめ。

ユーカリ・ラディアタ精油やニアウリ・シネオール精油は、呼吸器系に働きかけたり、抗菌作用、抗ウイルス作用も期待できるので、マスクにバリアを張るようなイメージかもしれません。

レモン精油やオレンジ・スイート精油も、気分を明るくしてくれます。精油自体に色がついているため、特にオレンジ・スイート精油を使う場合には、先ほどのジプロックと一緒に入れて香りを移す方法が良いかもしれません。マスクに直接精油がつくと、シミになるため、見た目が悪くなる場合もあります。

ペパーミント精油やアルベンシスミント精油は、いわゆるメントールの香りでクールな感じになります。徐々に暑くなってくる時期なので、爽やかさを求めるなら、ミント系はおすすめ。たくさん精油がついてしまうと、目の近くなので目元が刺激を感じることにもなりかねないので、マスクスプレーやシールなどで香らせる時には、マスクの下の方に使うと安心です。肌につかないように注意しましょう。

自分のバランスに合わせたアロマ

精油選びには、「好きな香り」を使うのが簡単だけど一番大事なポイントです。

マスクでアロマを楽しむなら、自分の心と体のバランスを整えてくれる精油にしてみるのも一石二鳥の取り組みになりますよ。

どんなアロマがあるのかな〜とか、自分に合うアロマが知りたいな〜という場合には、嗅覚反応分析IMチェックもぜひご利用くださいね!郵送&オンラインでのサービスも行っています。

アロマでマスクスプレーを作ってみたい!という場合には、体験レッスンで作成が可能です。たくさん揃っている精油からお選びいただきながら、自分だけのマスクスプレー作りも楽しんでくださいね!

体験レッスンはこちら→★

お問い合わせはこちら→★

関連記事