toggle
香りで、あなたがわかる「嗅覚反応分析」を体験・学習できるアロマバンビーノ
2020-08-13

私の眼は節穴

お盆には、各地の風習というのを見られるのかなと思うのですが、私が長野に嫁いで初めて見たのが、白樺の皮を使った、お盆の、ならわし。

この辺では当たり前なのかもしれませんが、まず白樺の皮がスーパで売っているのがビックリポイント。

はじめてツルヤで見たときは、なんだこれ~??でした。

関西人としては、「ええ??白樺の皮、売れるの???」っという発想をしてしまいました、ごめんなさい。

注意)白樺の皮を無許可で剥いではいけません。

 

で、この白樺の皮を、適当な大きさにカットしたものに火をつけて、家の敷地の玄関先から、仏壇にむかって、ヘンゼルとグレーテル。

 

その時に唱えるおまじない的な歌が「じいさん、ばあさん、この火に~~なんとかかんとか~~おいでおいで~」のような感じの、怖い歌!

 

これは、迎え盆のときに、多分、お墓から仏壇にお招きしている感じです。

そして送り盆の日には、逆向きに、仏壇から、敷地の外に向かって、白樺の皮に火をつけて点々を置いていくのです。

 

こういう行事にも、その地域の植物とかが登場するのは、面白いですね。

 

5月からスタートさせたYouTube「香っていいとも」では、毎回、アロマに携わる方にいろんなお話をお聞きしています。

その中で、多くの方が「植物の魅力」「自然への愛」を語ってらっしゃいます。アロマテラピーで使う精油は、植物から抽出されるもの。その原点は植物にあります。

 

私は、信州という自然に囲まれた土地に住んでいるのに、植物にたいする興味や愛情が足りてないと実感、

私の眼は節穴です。

 

というわけで、今日はお盆にまつわる、「植物」を使った行事について書いてみました!

 

日々変化する世の中ですが、自分を知ることが、ますます重要なポイントになる気がします。

 

主観や先入観ではなく、「本能」に今の自分を教えてもらえるのが「嗅覚反応分析」IMチェック。

アロマ、香りに興味がある人もない人も、「自分」には興味があるはず!

 

嗅覚を使った新しい方法で、「自分を知る」ツールを手に入れませんか。

 

アロマバンビーノは、対面講座のほかに、現在すべてのメニューをオンライン受講可能となっております。画面をとおして、信州の空気をお届けします♪

 

お問い合わせはこちらから

関連記事