toggle
香りで、あなたがわかる「嗅覚反応分析」を体験・学習できるアロマバンビーノ
2020-01-07

ホーウッドはアロマ界の「コロッケ」?!

2020年、あけましておめでとうございます。

今年も、嗅覚反応分析やアロマテラピーを通して、たくさんの方の人生が変わるようなレッスンをしていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

アロマバンビーノでの人気の香りの1つ、ローズウッド精油。お子様から高齢の方まで使いやすい精油ですが。絶滅危惧があるため、手に入りにくくなっています。

ローズウッド精油の代わりに近年注目されているのが、ホーウッド精油。クスノキ科の木部から抽出されますが、その成分は99%近くが「リナロール」。

関連記事はこちらホーウッドの正体

ホーウッド精油は「芳樟」という名前で国産のものもあります。クスノキ科の木からはとってもいい香りが採れるものが多く、他にもクロモジ精油、シナモン・カッシア精油、ラヴィンツァラ精油などがあります。

もともとは、この芳樟、昔は「樟脳として使いたかったのに、樟脳に含まれる成分がみられなかった」ことで、あまり活用されてなかった、といった記事も目にしたことがあります。

いわゆる、「カンファー」という成分がみられないため、使えないって思われていたのでしょうかね。

ところが、リナロールが良い香りとして活用できる、ということに注目されはじめてから、利用されるようになったようです。

ローズウッド精油の特徴は「リナロール」の華やかで優しい香りです。

実は、ホーウッド精油はローズウッド精油以上にリナロールが含まれているのです!

そう、ローズウッド精油の代替品として注目のホーウッド精油が、本物以上にローズウッド感がある!!

これはもう、なんだろ、

コロッケさんが、「五木ひろし以上に五木ひろし」のよう、であるのと同じ気がします!!

 

ということで、

ホーウッド精油はアロマ界の「コロッケ」!?

 

ホーウッド精油、ぜひアロマバンビーノに試香にお越しくださいね♪

香りの好みから今の状態をチャート化する嗅覚反応分析はこちら

アロマの基本からロジカルアロマという考え方まで、目からウロコの嗅覚反応分析士入門講座はこちら

嗅覚反応分析を学び自分でバランスを知ることができる基礎講座はこちら

出張・オンライン受講など、様々な形で対応しております。

日程のご相談も含めお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事