toggle
日本から発信、新しいアロマテラピーが学べるサロン
2019-07-26

香りの強さは変化する?!

毎日、香りを用いたチェックをしているので、
毎日同じボトルを嗅いでいます。

 

そうすると、日によって香りの好みが変化するだけでなく・・

香りの強さの感じ方も変化することに気づきます。

きつく感じたり、匂いが薄くてわかりにくかったり!

まったく同じボトルの香りを嗅いでいるのに、こんなにも感じ方が変わるのか!

って、嗅覚反応分析士であっても改めて驚きます。

五感の中でも、一番「本能」と密接に関係しているのが嗅覚。
目の見え方、耳の聞こえかた、調子の変化というのは比較的認識しやすいものですが、香りの感じ方は意識しないと気づきにくいものです。

毎日香りのチェックを行うことだけでも、嗅覚の調子の確認ができることになりますね!

一時的な体調で、香りをあまり感じない、ということはあります。

しかし、長い期間継続して、香りを感じにいとなると、食べ物の腐敗にも気づきにくくなったり、ガス漏れなどの危険察知が鈍くなったりということにもつながります。

先日、介護職をされている方がお見えになられた時にも、年齢とともに嗅覚が衰え、においがわかりにくくなって、腐ってしまったものを口に入れてしまうケースが実際にあるというお話をお聞きしました。

IMチェックは、8本の香りのボトルを嗅ぎ、好きと感じた順位をつけていただきます。
その結果をチャート化し、体の今の状態を読み解いていきますが、それと同時に、嗅覚の調子のチェックにもなりますね。

まずは、あまり意識することが少ない嗅覚を、意識して使うことで、自分自身の体調を知るところから。

夏の体のメンテナンスに、ぜひ嗅覚に注目してみてください。

スケジュールはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

関連記事